コンテンツ
会社案内
会社概要
沿革
業務内容
森の薫り
みんなの食卓
工場紹介
品質管理
業務内容
求める人材
募集要項
みんなの田んぼ
みんなの食卓シリーズ
ニッポンハム食の未来財団
  
東北日本ハム

工場紹介

 
 

生産体制

〜工場の特色をいかしよりクオリティの高い商品を〜
 

東北日本ハムでは、「シャウエッセン」や「森の薫り」シリーズをはじめとする日本ハムのナショナルブランド商品はもちろん、東北ならではの素材や味をいかした地域限定商品や、当社で企画・開発され全国へと広がりをみせている商品など、バラエティあふれる商品を数多く生産しています。 もちろん、安全・安心で高品質な商品を、お客様にいつでも安定して供給していくことを何よりも大切に考え、衛生・品質面のあらゆる角度から厳しい基準を設けた独自のNQC(日本ハム・クオリティー・コントロール)を実践。


山形工場は、総合衛生管理製造過程(HACCP)ハセップの承認を厚生労働省より受けています。徹底した管理システムによって高い安全性が確保されているとともに、最新設備の導入やスペシャリストの育成など生産力の強化や作業効率アップにも日々力が注がれています。また、ハム・ソーセージ、加工食品といった生産ラインアップに加え、アレルギー専用工場という独自の生産施設を持っているのも大きな特徴。ここで生産された商品は、東北だけでなく全国へと広く展開されています。


今後は、生産機能の効率化を図りながら、工場の特徴をより強化していくとともに、東北の特色をいかしたオリジナル商品の開発を通じて、地域に貢献していきたいと思います。

 
 

環境への取り組み

〜山形工場ISO14001を認証取得〜
 

東北日本ハム株式会社山形工場は、2002年11月1日付で環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001を日本ハムグループの事業所としては、8番目に認証取得しました。


日本ハム環境憲章に沿い、企業活動における環境への負荷を軽減し、環境保全と企業経営の継続的な改善を行う目的で、ISO14001に積極的に取組んでいます。


ISO14001の認証取得により、食品衛生面に加え、環境に配慮する「安全・安心」への取り組みを尚一層強化することが可能となり、ISO14001の基本となります「法律の遵守」「汚染の予防」「継続的改善」について事業活動全般に当てはめ、より開かれた生産工場を目指して活動を続けて参ります。